*
*
*

レイキ講師・認定試験を受けられる条件

レイキ講師試験は、下記「レイキに関する活動」を3年以上実施している方が受験できます。

  • ホームページやブログ等でスクール情報や料金等を開示している
  • 適正な価格でレイキ講座を行なっている
    (注意)レイキ講座の適正価格とは、初級2万~3万円・中級3万~4万円・上級4万~5万円・ティーチャー10万~20万円程度
  • ティーチャー及び師範の認定証を持っている (遠隔伝授での場合は無効)
  • 自身がレイキ師範である事を隠す事なく誰にでも開示出来ている
  • レイキ講座(初級、中級、上級)各講座を最低5回以上を有料で行なっている
  • レイキ講座を行う時間は各講座を5時間以上(休憩時間は別)をかけて行なっている
  • 受講生に対してのフォローアップ(手当て会等)を最低でも月に1回以上開催している
  • ネットでの遠隔伝授(遠隔でのアチューンメント)を一切行なっていない
  • スピード講座を行なっていない(例:1日~3日で、上級やテーチャーおよび師範に認定するなど)
  • しっかりしたテキストを使用している
  • 受講者に対し認定証や修了証を発行している
  • ティーチャーや師範育成に関しては慎重に人間性を見極めた上で判断し、認定している。
  • レイキ指導は手当て療法の癒しだけでなく安心立命を真髄、目的として指導している
  • 安心立命の教えや五戒の実践を行動や実生活に活かしている
  • レイキ療法を施術として他者にも定期的に行なっている
  • 遠隔療法も含めヒビキ感知が行える
  • レイキ普及活動に何かしら具体的な努力をしている
  • 学会の理念に共感し協力していける

>レイキ講師・レイキ技能士認定資格についてのご案内に戻る

>>TOPページに戻る

更新日:

Copyright© 非営利法人 日本レイキ療法学会 , 2018 AllRights Reserved.