*
*
*

自立支援施設にレイキが導入されました

2018年5月、服役経験者の自立支援を行う大阪ヒューマンハーバー中間支援施設『良心塾』においてレイキが導入されました。

これは、自立支援を行う教育プログラム『PSLP(パワースポットリーダープログラム)』の中で、自己理解・自己変革・心の問題を支援するために『レイキ』のエネルギーが癒しとして対象者に有効的に働くのではないかという観点から導入されました。

PSLPは 就労に繋がる職業訓練や資格取得のための教育だけでなく、自立を望む生徒達が自信を回復し『生きる力』も育めるよう立ち上げられた教育プログラムです。

月1~2回、1回2時間程度の授業を行い、レイキの講義、レイキ技能指導の他、定期的なヒアリングを行い、必要であれば本人の状況に応じて、レイキのカウンセリングとヒーリングも行っています。

今後の服役経験者の自立支援にレイキのエネルギーがどのように貢献していけるのか期待が高まります。

 

>>国内でのレイキ普及活動INDEXに戻る

投稿日:

Copyright© 非営利法人 日本レイキ療法学会 , 2018 AllRights Reserved.