*
*
*

代表稲本氏の海外出張モスクワでのレイキニュース

2017年12月

光明霊氣道代表稲本氏の海外出張モスクワでのレイキニュースです。

写真に写っている生徒の中で6名が医師です。

男性医師2名、一人は救急医療の医師。

女医さん4名で、その内3名は心理学(臨床)の医師です。

ロシアではまだ医療現場でのレイキ療法は正式には認められていませんが、医師が個人的にレイキを活用しているとのことです。

日本発祥の臼井レイキの真髄を学びたいと強く望んでいる海外の方は世界中に大勢います。

日本人としての民族性や思想を取り入れた伝統レイキの教えを、通訳無しの英語で直接伝える事が出来る学会代表の稲本氏は世界中から依頼が沢山きています。

1年の半分くらいは、海外でレイキを伝授されています。

海外では、日本では想像もつかない位、レイキ療法は自然療法と して人気があり、評価をされていることが分かります。

 

>>海外でのレイキ普及活動・INDEXに戻る

更新日:

Copyright© 非営利法人 日本レイキ療法学会 , 2018 AllRights Reserved.