*
*
*

高田ハワヨ氏の孫、フィルス・フルモト氏にインタビュー

高田ハワヨ氏の孫、フィルス・フルモト氏にインタビュー

「日本レイキ療法学会」は、平成29年に設立されました。

その設立を記念し、海外で「Reiki」の知名度を大いに高めた第一人者であるフィルス・フルモト氏へのインタビューを行いました。
また、現在フルモト氏と一緒に活動しているジョイス・ウィナフ氏にも同席していただきました。

※インタビュー録画は、会員専用ページで、閲覧可能です。
会員の方は、こちらからご覧いただけます

  • 日時:平成29年11月12日(日)13:00~16:00
  • 場所:京都市内
  • 話し手:フィルス・フルモト氏
  • 同席者:ジョイス・ウィナフ氏、光明霊氣道代表 稲本 百天
  • 聴き手:当学会理事 羽田 高子、(通訳)橋本 梓

フィルス・フルモト氏 プロフィール

フィルス・フルモト氏は、臼井甕男氏の弟子であった林忠治郎氏から直接レイキを学んだ高田ハワヨ氏の孫にあたります。
高田ハワヨ氏が亡くなってから、フルモト氏は、仲間とともに「レイキ・アライランス」を設立して海外でレイキ発展に寄与されました。
日本においてもお弟子さんたちがレイキの逆輸入という形でレイキの普及に努めています。

フィルス・フルモト氏が語ったレイキ

  • 祖母である高田ハワヨ氏から小さいときにレイキを教わった。
  • 最初は、レイキの本当の目的がわからなかった。
  • 12ポジションは、高田ハワヨ氏から教わった。
  • 「五戒」の教えは、一番大切にしている教えである。
    海外の人に教えるときには少しアレンジしている。
  • レイキの練習はとても大変だったけれども、人生の変化が素晴らしいものであることに気づく人が多くいる。
  • アメリカの医療現場におけるレイキは「癒し」として、「治療」とともに発展している。

日本のレイキ実践者へのメッセージ

多くの生徒が「レイキを受け取った時、私は家に着いたようだ。家に帰る道を見つけたようだ。」と言います。

人間というのは、そういう生き物だと思います。
私たちはいったい何者なのかということを知ること。
それは、みんなが共通して見つけるものであると思います。

文化や言葉などそれぞれ違う中であなたが何かを見つけ選び、そして成長していくことがあるはずです。
どうか勇気をもって沢山のレイキを受け取り、本当のあなた自身を見つけていってください。

Phyllis Lei Furumoto


※インタビュー内容の詳細は、会員専用ページでご覧いただけます。

 

>>海外でのレイキ普及活動・INDEXに戻る

更新日:

Copyright© 非営利法人 日本レイキ療法学会 , 2018 AllRights Reserved.